指定代理請求人(していだいりせいきゅうにん)

指定された代理人が被保険者本人に代わって請求をする制度。契約の時や、契約後に契約者が代理人を指定する。…

市場価格調整(しじょうかかくちょうせい)

解約返戻金などの受取の際に、市場金利の状況に応じた資産運用の価格変動が解約返戻金などに反映される仕組み。解約時の市場金利が契約時より上がった…

ソルベンシーマージン比率(そるべんしーまーじんひりつ)

大幅な環境の変化によって、通常では予測できるリスクの範囲外の出来事が起きた場合の「支払余力」を判断するための行政監督上の指標のひとつ。…

終身保険(しゅうしんほけん)

死亡保障が一生涯に渡って継続する保険のこと。保険料の払込は終身払と有期(短期)払がある。…

自動振替貸付(じどうふりかえかしつけ)

契約が失効とならないように、解約払戻金の範囲内で保険料を自動的に保険会社が立て替え、契約を有効に継続させる方法のこと。解約払戻金がない保険等…

主契約(しゅけいやく)

ご契約のベースとなる部分で、約款のうち普通保険約款に記載されている契約内容のことをいいます。…

収入保障保険(しゅうにゅうほしょうほけん)

死亡時以降、契約時に定めた満期まで年金が受け取れる保険。保険金は毎月、お給料のように受け取れる。非喫煙者割引を適応する商品もある。…

支払事由(しはらいじゆう)

約款で定める、保険金・給付金を支払う事由をいう。…

前納(ぜんのう)

契約時または契約後に、将来の保険料をあらかじめまとめて払い込むこと。…

手術給付金(しゅじゅつきゅうふきん)

保険会社所定の手術を受けた場合に支払われるお金のこと。…

診査(しんさ)

医師扱いの保険契約を申し込んだ場合に、保険会社が指定する医師により問診・検診をすること。…

生命保険契約者保護機構(せいめいほけんけいやくしゃほごきこう)

生命保険会社が経営破綻した場合に契約者を保護するため、保険業法に基づき設立された法人のこと。国内で事業を行う全ての生命保険会社が会員として加…

責任準備金(せきにんじゅんびきん)

将来の保険金・給付金・年金などを支払うために、保険料の中から積立られるお金。…

生命保険料控除(せいめいほけんりょうこうじょ)

生命保険を契約して保険料を支払うと支払保険料に応じて、一定額がその年の契約者の所得から控除される制度。その分だけ課税対象額が少なくなり、所得…

失効(しっこう)

猶予期間が過ぎても保険料の払込がなく保険契約の効力が失われること。…

責任開始日[期](せきにんかいし日[き])

保障を開始する時期。…