特定疾病保障保険(とくていしっぺいほしょうほけん)

ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になったとき、死亡保険金と同額が受け取れる保険。終身と定期の両方がある。…

特別勘定(とくべつかんじょう)

変額保険や変額個人年金などで、その運用実績を直接保険金や年金額などに反映させるために、一般勘定とは区別されて運用される勘定。…

低解約返戻期間(ていかいやくへんれいきかん)

低解約返戻金割合が乗じられることにより主契約の解約返戻金が低く設定されている期間のことをいいます。…

逓減定期(ていげんていき)

保険期間の経過とともに、死亡または高度障害のときに受け取れる死亡・高度障害保険金額が逓減する定期保険。…

特約(とくやく)

主契約の保障をさらに充実させるためや、保険料払込方法など、普通保険約款と異なる特別な約束をする目的で主契約に付加するもの。…

逓増定期(ていぞうていき)

保険期間の経過とともに、死亡または高度障害のときに受け取れる死亡・高度障害保険金額が逓増する定期保険。…

中途付加(ちゅうとふか)

保険期間の中途で特約を付加することをいいます。保障内容を見直す方法の一つです。…

特約条項(とくやくじょうこう)

特約の約款のこと。普通保険約款と特約条項の内容が異なる場合には、特約条項が優先して適用される。…

定期保険(ていきほけん)

保険期間が一定で、その間に被保険者が死亡した場合に死亡保険金が受け取れる保険のこと。…